石綿(アスベスト)は、天然に産する繊維状けい酸塩鉱物で、体内に吸引することによる発ガン性を理由に、 建築工事における石綿の吹付け作業は昭和50年に原則禁止に、スレート材、ブレーキライニング、ブレーキパッド、 防音材、断熱材、保温材など石綿を原材料として使用した製品(石綿含有製品)は、現在は原則として製造禁止となっています。
平成17年6月に石綿製品製造工場で作業歴のある従業員等に中皮腫等の健康被害が多発していることが公表され、 これを契機に、石綿の大気環境中への飛散に伴う健康被害についての懸念が高まり、 「石綿による健康被害の救済に関する法律」が平成18年3月27日に施行されました。


石綿含有産業廃棄物の排出費用
当社はレベル-3の「石綿含有産業廃棄物」を安全な埋立処分施設または無害化処理施設まで確実に運び処分いたします。
<完全マニュフェスト対応>
■ 運搬費:48,000円/台〜 
■ 処理費:250,000円(Level-3 8) ※専用4tアームロール車(8コンテナ)
■ コンテナ設置費:設置場所等によりお見積

石綿含有産業廃棄物は、分別徹底し安全な埋立処分施設または無害化処理施設での処理が必要となります。 まずは、石綿含有産業廃棄物を運ぶ業者を選ぶ際は、産業廃棄物収集運搬許可証に「石綿含有産業廃棄物を含む」が 記載されていることをご確認ください。また、マニフェストにもその旨記載をしなければいけません。



*参考資料
石綿含有産業廃棄物を扱う際のマニフェスト記載例  
http://www.zensanpairen.or.jp/disposal/02/06/kisai_manifest.pdf
提供:社団法人 全国産業廃棄物連合会




使用済みの石綿含有製品については、その性状により、廃棄物処理法によって以下の処理規定が定められています。
 
区分
処理規定
区分別の例
飛散性を有するアスベスト
※石綿含有建材別作業レベル1〜2相当(例外あり)
特別管理産業廃棄物「廃石綿等」として処理
吹き付けアスベスト除去物、保温材等
非飛散性のアスベスト
※石綿含有建材別作業レベル3相当(例外あり)
重量で0.1%を超える石綿を含有するもの
産業廃棄物の「石綿含有廃棄物」として無害化処理
アスベスト成形版(石綿スレート、石綿管、バルブメント板、ビニールタイル等)
重量で石綿含有量が0.1%以下のもの
産業廃棄物として処理。
例:「がれき類」または「ガラスくず及び陶磁器くず」「廃プラスチック」
*塗りつぶし箇所が対応可能な範囲となります。
*参考資料 環境省「石綿含有廃棄物等処理マニュアル(第2版)」 http://www.env.go.jp/recycle/waste_law/kaisei2010/attach/no110331001_an.pdf
提供:日本産業廃棄物処理振興センター(JWセンター)





アスベストのレベルとはアスベストを含んだ建材を解体したり改修作業をする時に、アスベスト粉じんの飛散のしやすさ(発じん性)で、作業を3つのレベルに分類したものです。

レベル1
レベル1
発じん性が著しく高い(みかけ密度がおおむね0.5g/cm3以下)石綿含有吹付け材など
アスベストを含んだ建材はものすごく色々な種類があります。なかでも吹付け材のような、一見ねずみ色の綿のようなタイプのものは、解体する時に一気に繊維が飛び散って大変危険です
高濃度の粉塵量に対応した防塵マスク、保護服を適切に使用するレベル。

レベル2
発じん性が高い(みかけ密度がおおむね0.5g/cm3以下)石綿含有保温材・断熱材など
配管などを保温する目的で巻いてある保温材や断熱材などが該当します。
もともと断熱目的で製造されているので非常に軽く密度が低いため、いったん崩れるとかなり飛散します。それにアスベストの含有率も高いので、やはり相当危険です。

レベル3
発じん性は比較的低い 石綿含有成形板など
レベル1やレベル2との建材としての違いは、固さ(密度)がまったく違うことで,レベル3の建材はふわふわしおらず、カチカチに固めてあります。普通に使っている分には中に混入しているアスベストが飛び散ることはありません。
除去する時にも法的な制限はかなり軽くなっていますが、それでもアスベストを含んでいることに変わりはないので注意が必要です。防塵マスクを使用するレベル。

*参考資料 アスベストの飛散性・非飛散性とレベル1〜3の整理
http://www.mlit.go.jp/road/ir/ir-council/asbestos/2pdf/s1-1.pdf
提供:建設業労働災害防止協会





 

アスベストの収集運搬専用車両です。各現場にコンテナを設置し、 工事終了後、 最終処分場まで運搬致します。
アスベスト成形版(石綿スレート、石綿管、バルブメント板、ビニールタイル等)に限ります。
 その他、工事廃材は混入NG。⇒排出される場合はご相談ください。






© DAIICHI SERVICE SOLUTIONS CO.,LTD. All Rights Reserved.
第一サービスソリューションズへのお問い合わせ