ご不要になった廃棄パソコンから、データが流失し悪用される事件が起きています。 なかでも事件として表れるのは氷山の一角で、多くは気づかないうちに大切な情報が拡散し深刻な被害に発展しています。

パソコンのHDD(ハードディスク・磁気記憶装置)は、データ消去ソフトなどで消去しても、特殊なプログラムによって簡単にデータが復元される恐れがあります。 当社では、廃棄パソコンのデータ流失を確実に防ぐために、「PC破砕サービス」をご提案いたしております。産業廃棄物処分用の大型破砕機に廃棄パソコンを投入、瞬時に完全破砕することで、データ漏洩、流出をシャットアウト致します。さらに当然のことですが、破砕したあとは、リサイクル原料(最近は、都市型鉱脈資源と呼ばれています)として、金や銀、インジューム等のレアメタルが回収されます。

一度に大量のパソコンを入れ替える機会の多い、大手企業や官公庁、学校、病院、金融機関等では、データ流出のリスクが特に高まります。そのリスクを避けるには、大量のハードディスクをいかに短時間で処分するか、時間との戦いになります。このような場合、一日あたり数百台単位のバッチ処理が可能な破砕処分をお勧めいたします。 セキュリティされたトラックで当社処分場に搬入し、そのまま大型破砕機に投入することでリスクを極限まで回避いたします。


大量のバッチ処理の必要がない場合や再利用される場合は、その場でハードディスクを取り出して、物理的に破壊(下記参照)または 磁気照射装置によってハードディスクのデータを消去する、出張処分も承っております。

← ハードディスク 処理後(拡大)


パソコン以外にも、機密書類や磁気テープ、磁気カード、ICカード、フロッピーディスク、CD/MD/DVD、その他のあらゆる情報メディアの破壊も承ります。




※ 全ての情報処分作業には、消去証明書と必要な場合は、廃棄物マニフェストを発行致します。
※ 特殊な作業室もご用意いたしております。

情報処分作業に必要な保安装置(アクセスコントロール、セキュリティシステム、監視・録画カメラ、シュレッダー等)完備。

(参考資料)
パソコン廃棄・譲渡におけるハードディスク上のデータ消去に関するガイドライン
データ消去に関する技術的解説(JEITA)
総務省 国民のための情報セキュリティサイト

破砕処分後の廃棄パソコン買い取ります。・・・・下記は目安の金額です。
価格は市況により変化しますのでご了承ください。

PC本体:500円 データ消去品 / 物理破砕品 : 200円
液晶モニター:500円 (可動品)  故障・不可動品 : 50円
CRTモニター:50円
プリンター:300円〜100円
キイボード:20円
マウス :10円
後付HDD :200円 データ消去品 / 物理破砕品 : 100円   
※回収費用は別途となります。 


廃棄物・不用品処分の無料見積りはこちらから



© DAIICHI SERVICE SOLUTIONS CO.,LTD. All Rights Reserved.
第一サービスソリューションズへのお問い合わせ